おすすめ本 健康 睡眠の質改善

寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン『賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る』

『賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る』

布団に入ってもなかなか眠れない、疲れているはずなのに寝付きが悪い

寝付きが悪く・よく眠れなくてイライラすることありますよね

 

布団に入ってもなかなか眠れず寝付きが悪い・寝ても疲れがとれない

そんな睡眠の関する悩みをお持ちのあなたに試していただきたい

眠る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン

 

賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る

賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る

 

本記事ではメンタリストDaiGoさんの書かれた『賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る』に書かれた

眠る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティンをご紹介します

 

メンタリストDaiGoさんは、数多くの論文を読んで人生を有利に進めることのできる

数多くの知恵を教えてくれます

 

寝付きをよくして睡眠の質を上げることが、充実した人生を手に入れるための最強の手段になります

眠りが変われば人生が変わる

 

本記事で『眠る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン』を学び

寝付きをよくし、睡眠の質を上げて毎日の生活を楽しいもの変えましょう

 

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/24 23:20:52時点 楽天市場調べ-詳細)

 

楽天カードを作って楽天ポイントで好きな本を無料で手に入れる

 

楽天カードを作ると楽天市場で5,000~10,000円分好きな商品を無料で手にれることができます

楽天カードを作って好きな本を無料で手に入れよう

 

 

本記事に内容

  1. 寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン 深部体温を操る 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る
  2. 寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン 全身を緩める 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る
  3. 寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン デジタルデトックス賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る
  4. 寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン 心と頭を整理する 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る
  5. 寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン 脳の思考モードをオフにする 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る
  6. 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る内容紹介
  7. 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る目次
  8. 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る著者の紹介
  9. 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る商品情報
  10. 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取るを読んでまとめ

 

1.寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン 深部体温を操る 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る

睡眠

睡眠

「深部体温が下がることで人は眠くなる」

眠気を起こす、重要なスイッチとなるのが深部体温です

深部体温とは体の中心部の体温、つまり内臓の体温のことです

 

重要なのは人間の体は「深部体温が下がると眠くなる」性質があるということ

皮膚の表面から熱が放散され深部体温が下がることで、

体がリラックスモードに切り替わり、眠気が出て眠りやすくなるのです

 

深部体温は急激に上がると、急激に下がるという性質があるということ

深部体温の眠気のスイッチを入れるために、入浴をうまく利用しましょう

入浴時間が20~30分、入浴により体をしっかり温める

寝る90分前までにお風呂から上がる

 

ポイント

入浴はシャワーではなく、40~42度のお湯にしっかり20~30分

しっかりつかって体を温め深部体温を上げておきましょう

入浴でしっかり深部体温を上げておくと、90分後に深部体温は下がり始め

この深部体温が下がり始めるタイミングが、眠気が出てきて深い質の良い眠りに入ることができます

 

入浴方法を見直すことにより、寝付きがよくなり睡眠の質を上げることができます

 

 

 

2.寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン 全身を緩める 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る

睡眠

睡眠

全身を緩める

体をリラックスから始めて、意識を体に向けることで、心(頭の中)を無にして

メンタル的ストレスも取り払ってしまおうという方法

 

やり方は簡単で、横になって体のいろいろな部分に対して「力を入れて緩める」「力んで緩める」

という動きを繰り返す。それだけです

 

ポイント

足、腕、肩、顔を10秒ほど「力を入れて力んで緩める」

体のそれぞれの部分に10秒ほど力を入れて、緩めてあげるとスッと力が抜けてリラックスできます

体を「力を入れて緩める」だけで、こんなにリラックスできるのかと驚きますよ

 

体を「力を入れて緩める」という行動を繰り返すうちに、体に脳の意識が向いて

何も考えない時間ができ、脳がスッキリしてメンタル的にも落ち着きが出てきて眠りやすくなります

 

体を「力を入れて緩める」ことにより、体と脳がリラックスできて寝付きがよくなり

睡眠の質も上がり疲れが取れやすくなりますよ

体を「力を入れて緩める」誰でも簡単にできますので、ぜひ試してみてくださいね

 

 

3.寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン デジタルデトックス賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る

睡眠

睡眠

寝る前のスマホは睡眠の「毒」になる

ベッドに入って寝ないで、スマホを見ていることありませんか?

ベッドでスマホを見る生活習慣自体が睡眠に悪影響を与えているのです

 

朝起き16時間ほど経つと睡眠ホルモンメラトニンが分泌されるようになります

この睡眠ホルモンメラトニンが分泌されると眠気が出てきて、スムーズに眠れるようになります

 

ですがスマホやテレビ、パソコンとから発せられるブルーライトを浴びると

脳が朝だと勘違いして、メラトニンの分泌がされなくなります

睡眠ホルモンメラトニンが分泌されないと、寝付きが悪くなり眠れなくなります

 

睡眠ホルモンメラトニンを十分に分泌するために、寝る90分前からスマホ・テレビ・パソコンは見ないでください

どうしてもスマホを見たい方は、iPhoneであれば「ナイトシフト」というものがあり時間を設定すれば

ブルーライトカットの画面に色を調整することが可能です

スマホのブルーライトカット機能をうまく使いましょう

 

とにかく寝る90前には、できる限り照明も含めてブルーライトをなるべく浴びないように

することが寝付きをよくし、睡眠の質を上げるポイントになります

 

ポイント

おすすめの生活習慣

寝る2時間前までに夕食を済ませる

寝る90分前までに入浴を済ませる(シャワーではなく湯船にしっかり浸かる)

夕食前から、スマホ・テレビ・パソコンは見ない

 

寝る90分前からスマホを見るのをやめて、睡眠ホルモンメラトニンを十分に分泌させ

寝付きよく、睡眠の質を上げてスッキリした朝を向かえましょう

 

 

4.寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン 心と頭を整理する 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る

睡眠

睡眠

「書き出す」という行為で不安から解消される

やり方は簡単、筆記用具と紙を用意して、不安やストレスを紙に書き出すだけです

 

仕事のトラブルや仕事の期限が迫っていて、仕事に追われて

どうしようか不安に思って眠れなくなることありませんか?

 

人間関係にトラブルや、上司の嫌いで眠れない

 

そんな不安やストレスに悩んだときは、筆記用具と紙を用意して自分の正直な気持ちを書き出してみましょう

「明日会社に行きたくない」「課長が嫌いだ」「○○さんの偉そうな態度が気に食わない」

「明日仕事が終わるか不安だ」「明日の納期に間に合うか不安だ」「仕事に追われていて苦しい」

 

ベッドに入る1時間前に、とにかく自分の今抱えている不安やストレスを正直に紙に書き出してみましょう 不思議と少し気分が楽になりますよ

 

ものごとの事態や状況が整理され、明確に見えてくる

自分を客観視できて、冷静になれる

ストレスにさらされた心が癒やされる

 

ストレスや不安を抱えたままベッドに入ると、不安な気持ちでいっぱいになり

寝付きが悪く、眠れなくなります

ベッドに入る1時間前に今の自分の正直な不安やストレスを紙に書き出し

少しでも不安な気持ちを和らげ、寝付きよく睡眠の質を上げていきましょう

 

 

 

5.寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン 脳の思考モードをオフにする 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る

睡眠

睡眠

ベッドに入ると、今日の仕事を省みる、明日の仕事の段取りが気になる、

やらなければならないことが脳裏に浮かんでくる

考えが頭の中をぐるぐるとめぐり出して、止まらなくなると

もう眠れなくなります

 

ポイント

脳の思考モードをオフにする

脳をしっかり休息させるためには、睡眠の入る前の段階から

脳への負担をできるだけ軽減させ、論理的思考にブレーキをかけて

余計なことを考えない状態に持っていく必要があります

 

やり方は簡単、単に数字を数えるだけです

有名な「羊が1匹、羊が2匹」というあれです

 

単純作業をすることで脳が落ち着き、余計なことを考えなくなり眠気が誘発されます

単純作業なら何でも構いません

単に「1・2・3」というように数字を数えるだけでもいいですし、

しりとりでも、週末の楽しい予定を考えることでも大丈夫です

 

とにかく単純作業で、脳を論理的思考にブレーキをかけて

余計なことを考えない状態もっていくことが重要です

 

どうしても仕事のことが気になって、眠れない場合は

「最悪会社を辞めても大丈夫・転職すればいい・会社は今の会社でけじゃない」

と考えると気持ちが楽になりますよ

 

寝る前は脳への負担を軽減させて、リラックスして

寝付きをよくして、睡眠の質を上げてスッキリとした朝を向かえましょう

 

 

 

6.賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る内容紹介

読書

読書

ストレスや気がかりがあって眠れなくなったら、

眠りの質を爆上げするアプローチを試すことで、

超速で脳の疲れを取ることができます

 

日々の眠りが質の高いものになれば、好循環が生まれ、

人生の質まで変わっていきます

さあ、あなたの「睡眠賢者への道」が始まります

 

7.賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る目次

読書

読書

1 睡眠賢者は知っている“悪眠”がもたらす3つの弊害

2 遺伝子で決まっている自分の睡眠タイプを知る

3 眠りの質を爆上げする5つの“賢眠”アプローチ

4 心地よくストンと寝入る5つの「ナイトルーティン」

5 夜の安眠を呼ぶ5つの「モーニングルーティン」

 

 

8.賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る著者の紹介

読書

読書

メンタリストDaiGo

英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、

日本唯一のメンタリストとしてTV番組に出演

 

その後、活動をビジネスやアカデミックな方向へ転換、

企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家として活動

 

 

 

9.賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る商品情報

読書

読書

商品名 賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る
価格 税込み1,540円
著者名 メンタリストDaiGo
出版社 星雲社
ページ数 299ページ
発売日 2021年8月24日
購入方法 Amazon

 

 

 

 

10.賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取るを読んでまとめ

睡眠

睡眠

今回は「寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン」について解説しましたが

『賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る』は夜の「安眠を呼ぶ5つのモーニングルーティン」

「眠りの質を爆上げする5つの賢眠アプローチ」など

寝付きをよくし、睡眠の質を上げる知恵がたくさん学べます

 

知恵とは、自分の行動が身の回りの世界に長期的におよぼす影響を理解していることです

知恵を学ぶには読書が最適です

ぜひ読書を通じて、生きるために有利になる知恵を学んでいただきたいです

 

睡眠の知恵を学ぶためにメンタリストDaiGo『賢者の睡眠―超速で脳の疲れを取る』をぜひ読んでみてください

 

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/24 23:20:52時点 楽天市場調べ-詳細)

 

「寝る前にするとよく眠れる5つのナイトルーティン」も大事ですが

睡眠の質を上げることはさらに重要です

 

今話題の『ヤクルト1000』や『ピルクルミラクルケア』・『味の素グリナ』

などの健康補助食品を飲んだら、本当に睡眠の質が上がるかを検証した記事もございますので

あわせて読んでみてください

 

眠りが変われば、人生も変わります

睡眠の質を上げて、充実した人生に変えていきましょう

 

こちらもCHECK

味の素グリナ
【グリナ味の素を買ってはいけないその理由4選】味の素グリナは本当に買ってはいけないのか検証してみました

続きを見る

 

こちらもCHECK

ヤクルトY1000
【ヤクルトY1000】ヤクルトY1000を飲んでみて本当に睡眠の質が改善されるか検証してみました

続きを見る

 

こちらもCHECK

ピルクルミラクルケア
【ヤクルト1000が高い】ピルクルミラクルケアはヤクルト1000と同じような効果があるか検証

続きを見る

 

こちらもCHECK

・睡眠ホルモンを自ら作り出す SLEEP 最
【寝たいけど寝れないのは生活習慣が原因】SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

続きを見る

 

こちらもCHECK

眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話
【ぐっすり眠りたいなら自律神経を学ぶのが近道】眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話

続きを見る

 

楽天カードを作って楽天ポイントで好きな本を無料で手に入れる

 

楽天カードを作ると楽天市場で5,000~10,000円分好きな商品を無料で手にれることができます

楽天カードを作って好きな本を無料で手に入れよう

 

 

-おすすめ本, 健康, 睡眠の質改善

© 2024 いつものんびり生活blog Powered by AFFINGER5